フェースの上の角にインパクトをしてしまう、テンプラ

テンプラとは、ドライバーショットなどでボールが真上に上がってしまうことを意味します。
その理由はフェースの上部の角に、ボールがインパクトしてしまうことにあります。
通常のインパクトでは、フェースはやや上を向いてボールと接触しますが、入射角度が間違っているとこういった状況が起きやすくなります。

これを回避する方法としては、上記のようなインパクト時のフェース角度の調整があります。

最も簡単に直す方法はスタンス位置を変えるわけです。
角が当たるというのはダウンスイング中に当たっているのですから、スタンス位置を少しずらしてしまえばそれを回避することができます。

また、自分のスイングがアッパー軌道になる位置を確認して、そこでインパクトをするように意識することも大切です。
また、どうしてもそれで治らないと言うときは、奥の手としてティアップを低くするということができます。

ティが低ければ、ドライバーヘッドの上の角に当たってしまうと言うことは少なくなります。
ただし、それで無理にテンプラを直したとしても、飛距離は望めません。

もちろん、何も対処をしないよりはかなり状況は良くなるでしょう。
そして、もう一つの方法として、角が丸いドライバーを選ぶということがあげられます。

ただしこれは、根本的な解決方法というわけではなく、テンプラがなくなるといったレベルの対処法です。

基本的には素振りを何度かして、自分の軌道がアッパーになるところにボールをセットするのが通常となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ