種類を分けて数本持っておきたい、第一打をサポートするティペグ

ティペグは、ティに刺して使い、その上にボールを置いて第一打を打ち出すために使われます。
その種類はさまざまで、ただ単に木を削りだして作られているものや、樹脂製のものまでさまざまです。
さらにオシャレになっていて、女性でも思わず使ってみたくなるアイテムも多数あります。

そしてティペグを変えれば、最初の一打を打つときのボールをセットする高さを変えることもできます。

もちろん刺し具合によって高くしたり低くしたりということも可能ですが、基本的にここまで刺すという基準がアイテムによってありますから、高さを調整するのならば、アイテムごと変える方が良いでしょう。

また、これは数本持っていくことができますから、全部同じではなくある程度種類を分けて、ロングホールには高めのものを、ショートホールでは自分が打ちやすい高さをと分けることもできます。

一般的にティが高い方が飛距離が出る傾向があるので、このコーナー使い分けでスコアアアップを狙うこともできますが、本当に飛距離が出るのか、または打ちやすくなるのかと言うのは一度練習しておく必要があります。

また、ポケットに入れておく機会が多いので、ボールマーカー代わりに使う人も多くいますし、これはルール違反ではありません。

ただし、本来の使い方とは違うので、できる限りボールマーカーを使ってどうしても持っていないときの緊急用と考えてください。

また、折れてしまうこともありますから、ラウンドを回る際は数本持っていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ