一瞬の動作ではあるが、スイングに大きく影響を与えるテークバック

テークバックという言葉は、バックスイングを行うスポーツで使われます。
野球のバット、テニスのラケット、そしてゴルフのクラブで使われることが多いです。
ゴルフでは、クラブを振り上げて、一番上に達するまでのことを指します。
よく、最初の30cmはヘッドを真っ直ぐ引くのが良いという指導が聞かれるのですが、これは半分は正しいです。

その理由は、プロのショットを見ても、多くの場合、確かにヘッドはボールに対して直角の状態を保っているからです。
このことから真っ直ぐ引くようにと指導されるのですが、実践向きとは言えません。

ここが、半分は間違いという部分です。
真っ直ぐ引くと良いのは間違いないのですが、多くの人の場合、そう意識してしまうと、テークバックは上手くいかなくなる可能性が高くなります。

特に初心者の方は失敗する可能性が高いです。
もっと良いスコアを出したい、競技大会に出たいという方は意識した方が良いですが、そうでないのならば、無理に意識する必要はありません。

理想としては、スクエアの形で引いた後、左肩を中心に回転させ上げていき、頂点の段階では左手の甲とクラブが直線になるようにし、またクラブのフェースは上向きにします。

そして肩は動かすが、腰は回転させない、これら全てを満たして理想のテークバックと言えるのですが、この説明を聞いて実際に実行出来る方は殆どいません。

成績を良くすることに拘る場合、試してみて下さい。
そこまで拘らない方は、気にするにせよ一個か二個に留めた方が無難です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ