バーディーだけでなくイーグルも狙えるチップイン

チップインとは、グリーンへのアプローチショットがそのままカップに入ることを指します。
ノンズロは同じ意味の別名です。
よく「~バーディー」「~イーグル」という言い方をされますが、スコア自体には関係ありません。
パーやボギーの場合でもチップインという言い方をします。

もしゴルフ場を回るのが初めて、或いは慣れていない場合はグリーンに近づいた場合でも、正確に刻んでいくことを目標とした方が良いです。
しかし、スコアを伸ばしたい場合は寄せるといったことを考えるより、直接カップを狙っていく姿勢も必要となってきます。

ゴルフはどの場面でもカップを狙うものですが、実際にアプローチショットが入ることは珍しく、もし遭遇したら喜びたいでしょうが、落ち着いて下さい。
まずピンフラッグがあるかどうかを確認しましょう。

もし同じ組の中でも遅れていたら、ピンフラッグは取られている筈です。
この場合は何も問題ありません。

もし先行していて、誰もピンフラッグを取っていなかった場合は気をつけて下さい。

ルール上は、チップインしてボールが見えなくなった時点でそのホールを終えたことになるのですが、ピンフラッグを取ろうとして、ボールが一緒に出てきた時は問題です。

その場合、カップインは認められません。
こうした理由が有るため、まずボールを先に取り出すのが一般的な対処です。

ピンフラッグから出したばっかりに、記録が無かったことになるなどということのないように注意して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ