ゴルフの代表的なミスである「ダフる」という行為

ゴルフには様々なミスが存在します。
ミスショットという言い方をする場合は、普通に打てるのにどこかで失敗したという場合に使われる言葉です。
それに対し「ダフる」という言葉が使われた場合は、ボールの手前の地面を叩くミスを指します。
初心者の方がやってしまう、典型的なミスです。

ダフってしまう原因としては、思い通りのスイングが行えていないからとなります。
ゴルフクラブに振り回されているのも、この思い通りに行えない内に入るでしょう。

軽めの商品もあるとは言え、クラブは重たいものです。
それを全力で振り回すのですから、コントロールが定まらずに手前の地面を叩いてしまうといった事態がよく起こります。

ダフると、ボールが飛ばないだけでは済みません。
ゴルフをやらない方はイメージしにくいかもしれませんが、重たいクラブを振り上げ全力でスイングし、地面を叩いた場合、その負荷がどこにかかるかと言えば、手首です。

ミスショットになってしまうだけではなく、手首を痛める可能性もある危険なプレーなので、まずはこのミスをしないように初心者の方は気をつけましょう。

一度怪我してしまうと、次も怪我するのではないかと怖がってしまうことが良くあります。
テレビで見るプロは全力で振っているように見えるでしょうが、いきなり同じことは出来ないと思った方が良いです。

慣れるまでは、ハーフスイングと呼ばれる腕を上まで振り上げない打ち方を行うと良いでしょう。

それでダフらなくなってから本格的なスイングの練習を始めても遅くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ