ストレートボールを打つ時にはスクエアグリップを

スクエアグリップは、一般的にストレートボールを打ちやすい握り方と言われています。
スクエアには直角という意味があり、インパクトの瞬間、ボールの行方を決定するその時に左手の甲が目標方向に向かうこの握り方は、ストレートボールを打つのに向いていると言えるでしょう。
他の握り方として、フックグリップ、ウィークグリップがありますが、ダウンスイングの際の開閉の動作、コックを解く動作も行いやすいので、ゴルフを始めたばかりなら、まずはこのグリップを試してみるのが良いです。

コックの角度は、ゴルフスイングの中でも特に重要な要素となり、体のバランスやスイングの軌道、更にはボールの軌道にも大きく影響します。

このコックを自然な形で扱いやすいのがスクエアグリップです。
但し、コックの解き方についてはインパクト後に考えることですし、意識しないでも自然と解けるのでそこまで優位というわけではありません。

コックについてはゴルフの中でも特に難しい技術として知られているため、どの握り方でも苦労することは変わらないです。

実際、ある程度上達したゴルファーの間だと、フックグリップを使う方の割合が高くなっているのも確かで、スクエアグリップはあまり使われなくなります。
どちらが正しいというものはありません。

基本的には、使いやすい方でいいので、もしスクエアでは上手く打てない、フックの方が上手く打てるのならば、無理して変える必要はありません。

色々試して、一番合っている握り方を見つけ出して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ