スイングプレーンを意識することがスイング上達への近道

正しくスイングするためには、いろいろな方法がありますが、その一つがスイングプレーンの確認です。
アドレス時に、肩からクラブをたどってボールまでの平面(プレーン)をこう呼びます。
そして、次にインパクトのときに、この面がどうなっているかを見てください。
真後ろから、ビデオカメラで録画をしておくと確認をしやすくなります。

この平面が、インやアウトに抜けてしまうようなら、それはスイングが乱れている証拠です。
しかし、それが一直線というのもあまりない話で、バックスイングとダウンスイングでは、ある程度この平面はずれてしまいます。

ただし、あまりにもアウト側にいく、つまり、アドレス時の平面と、スイングしてインパクト時の平面を比べてみると、最初の面より上に行っているときは、典型的な悪いスタンスと言えます。

まっすぐで正確なショットのためには、このプレーンがとても重要で、どうしても球が曲がってしまうようならば、プレーンが大きくずれているかもしれません。

これを直すには、クラブ選びから、スタンスの変更までいろいろとあり、それだけにあらゆる要素が絡んできます。
一番簡単に改善できるポイントとしては、飛距離が落ちてしまいますが、バックスイングをコンパクトにすることでしょう。

大きなバックスイングをすることでずれが大きくなってしまうので、正確性を求められる一打では、スタンス時の面を意識しながら、コントロールできる範囲でのバックスイングにとどめることが無難です。

もちろん、なれてきたら徐々にバックスイングを大きくすることで、正確性と飛距離の両立が可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ