過信してはいけない、クラブ選びのスイングバランス

バランスに優れたゴルフクラブを選ぶときは、スペックの中でもとくに、長さと総重量、そして、スイングバランスとも呼ばれる、スイングウェイトが重視されます。
現在はこのスイングウェイトのみを重視する傾向がありますが、実際にはこの数字のみでバランスの善し悪しを判断することはできません。
バランスが同じであったとしても、材質が変わってきてしまえば、まったくスイングの印象は変わってきます。

この数値を目安としたからと言って、常に同じスイング感が実現できるわけではないのです。
だからこそ、総重量やクラブの長さというものも考慮して選ばなければなりません。

もちろん、だからといって、この数字自体がまったく意味がないというものではなく、持ったときにヘッドの重みを感じることができるか、それとも、全体的に均等な重さを感じるかなど、感覚的な目安になります。

また、中古でゴルフクラブを買うときなどに、正常な範囲外のスイングウェイトのものを買うことを控えれば、使い物にならないようなものを買うことはなくなり、失敗しないクラブ選びが可能になります。

また、クラブの長さや総重量なども影響をする「振った感」ですが、これは数値化はされていません。

だからこそ、インターネット通販などで購入するときに、スイングウェイトを目安に買ったとしても、想像していた感覚とは違うということも多々あります。

その場合は、スイングウェイトのみではなく、長さと総重量をトータルして、スイングを想像してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ