フルスイングと感覚が違ってしまう、コンパクトスイングのコツ

コンパクトスイングは、バックスイングをできるだけ抑えて、コンパクトにクラブを振ることですが、対極としてオーバースイングという言葉があります。
フルスイングとも言いますが、ドライバーショットなどの飛距離が必要なショットは、思い切り振り抜く必要があるのでテイクバックを大きく、逆に正確性を重視するアプローチなどでは、テイクバックを小さくなどと、多くのプレーヤーが使い分けています。

ただし、テイクバックを振り上げないからといって、それがそのままコンパクトスイングになるわけではありません。
コンパクトにするのならば、それなりの手首の動きが必要になってきます。

いつもと違った振り上げ方をしてしまうことで振り下ろしの軌道が変わってしまうというケースが多いからです。

そのために、まず変に力が入っていないかを意識することが大切です。
小さく振るために無理に体を縮める必要はなく、いつもと同じようなスイングをただ小さくするように心がけてください。

そしてリズムも一定に行うようにしてください。
切り返しは無理に力を入れるのではなく、ヘッドの重みを利用して、重力を利用するようにしてください。

一番大切なのは、飛距離を伸ばそうと思って、インパクトのときにヘッドスピードを上げてしまわないということです。

あまりにもコンパクトを意識してしまうと、それが足かせになってミスショットになってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ