ゴルフには付き物のキックは、運がからみ制御が難しい

キックとは打った打球が地面に落ちたあとに、転がってしまうを言い、このキックした先がフェアウェイならばいいのですが、バンカーや池に入ってしまった場合は目も当てられない事態になります。
キックした先まで読んで打ち込むというのはプロにとっても至難の業ですが、ある程度の予測はできます。
深いラフまでに打ち込んだときには、このようにボールが転がるということはないので、ある程度狙って打つこともできますがラフなだけに意図的に狙っていくプレーヤーは少ないでしょう。

最も、そこから転がってフェアウェイをとりにいくのならば、できるだけ浅いところを狙わなければなりません。

また急斜面のフェアウェイに打ち込むようなら、どれくらい転がるかを予測し、その先にハザードがある場合は、転がる距離も計算して短く刻むこともできます。

また、これは地面に当たって、思わぬ方向に転がってしまうときによく使われていて、地面に当たると方向が変わる原因はボールの回転にもあります。

もちろん、斜面によって変化が起きるパターンが一番多いのですが、平面ならば、回転が主な原因です。

そのため、ショットのときにできるだけストレートな回転を心がけることで、狙わない変化を避けることができます。

ただし、このような、転がった先が思わぬ好位置をキープしてしまうということもあり、運も実力のうちですから、ゴルファーにとってはプレーだけでは、なかなか思い通りにならないものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ