カラーは、グリーンと間違えやすいポイント

グリーンは、ゴルフコースの他の箇所とは大きく違う点があります。
まず、芝がフェアウェイよりも整えられていること、そしてグリーンに乗った場合、ゴルファーはクラブをパターに変えること、そしてゴール地点であるカップが存在することです。
カラーは、このグリーンを囲むように存在している地帯のことを指します。

縁という意味を持つフリンジとも呼ばれますが、意味は同じです。
カラーは襟という意味を持ち、グリーンとフェアウェイやラフを分かつ地帯と言えるでしょう。

その為、芝はグリーンよりも荒く、もしこの地帯にボールが入ってしまった場合は難しい選択を迫られます。
一般的にはパターを使って寄せていきますが、芝の状態がグリーンとは異なる為、強く打たないと飛んで行きにくくなるでしょう。

しかし、力の入れ過ぎはカップをオーバーする可能性が高くなる為、普通にパターを打つ時と比べて高い技術が要求されます。
もしパターで打つのが苦手ならば、アイアンで打つという方法もあり、極端な話をすればウッドで打ってもルール上問題はありません。

得意なクラブで打ってみてはいかがでしょう。
しかし、中にはゴルフ場のローカルルールで、パター以外の使用を禁止しているところがあります。

このローカルルールについて、どのような意図があるのか不明ですが、基本的には使用するゴルフ場のルールに従わなければいけません。

もしカラーでパター以外を使っているという方は、新しく行くところでは確認してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ