使いこなすのが難しく、スライスになりやすいカット

カットという言葉はゴルフだと主に打ち方のことを指します。
「カット打ち」という形で使うのが一般的です。
しかし、スタンスやグリップと違って、明確にこういう打ち方であるという定義はありません。
ショットの際に、回転がかかって曲がった場合に使われる言葉です。
特にゴルフではスライス回転が起こった時にこの言葉を使います。

この時の回転は横ですが、縦回転が起こっている場合もカット打ちと言うことがあり、バックスピンを打つ際は縦回転を利用します。
他の球技で言うところの変化球に近いニュアンスです。

しかし、一般的にスライスのような曲がる玉は良くないものと言われることが多くなります。

意図的に曲げている場合は特に問題はありませんが、意図しない曲がり方をしている場合、フォームやスイングのどこかに問題があるという結論に達しやすくなるでしょう。

意図しない曲がり方をしてしまうという方は、スイングがアウトサイド・インの軌道を描いている方が多く、狙いが逸れてしまうというデメリットの他に打球のパワーも失うことが多々有り、上達を阻害する原因の一つです。

厳密には、力の影響を受けやすいゴルフボールで無回転というショットを打つことは不可能に近いので、どの打球も回転はかかっています。

しかし、上級者はその辺りをコントロール出来ている為、主に意図していないスライスが起きやすい初心者に対して使われることが多い言葉です。

逆に言えば、スライスをコントロール出来るようになれば、次のステップに行けるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ