SUSはアイアンに使われているかもしれない素材

SUSは、ステンレススチール、ステンレス鋼の略です。
この金属は鋳造アイアンに使われていることがあります。
アイアンの差は素材によるものが大きくなります。
主に使われるのはステンレススチールか軟鉄です。

また製造方法が鋳造か鍛造か、という違いもあります。
ステンレス製の場合、基本的に鋳造により作られます。

鍛造とは予め決められた型に液体化させた金属を流し込むという形で製造することです。
一方の鍛造は、金属をたたき圧力を加えることで強度を高めるという作り方となります。

いわゆる鍛冶という言葉で連想する方が多い、日本刀の作成などに使われてきた製造法です。
この作り方でプレイヤーが受ける影響としては、飛距離が挙げられるでしょう。

ステンレス製のアイアンは飛距離が稼げるというものが多く、軟鉄により鍛造されたアイアンは、コントロールの面で優れています。
値段に関しては、メーカーやブランドなどにもよりますので一概には言えませんが、全体的に鍛造アイアンの方が高くなってるのが特徴です。

そもそもアイアンはドライバーと違って、飛距離が重要視されるというものではありません。
狙いのところに寄せるという役割を担いますので、上級者はステンレス製は避ける傾向があります。

多少飛ばなくても、狙い通りのところに打ちやすくなるように鍛造されたアイアンの方が好まれますが、初心者の方にとって扱いやすいのはステンレス製でしょう。

腕が上がり、現状に不満を覚えない限り、そこまで種類に拘る必要はないと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ