危険な行為であり、マナー違反でもある打ち込み

打ち込み、という言葉だけでは様々な意味に取れますので、ゴルフに詳しくない方だと違う意味に取ってしまうこともあるでしょう。
ゴルフでは、実際にホールを回る際に前の組や、隣接したホールにボールが飛んでいくこととなります。
この打ち込み、本来ならあってはならないことと言えるでしょう。
規定で、前の組に打球が届きそうな場合はプレー開始してはいけないと定められています。

もしかしたら、せっかちな方だと「このぐらいの距離なら普段から届かないし大丈夫だろう」と思って打ってしまう方もいるかもしれませんが、これははっきり言って危機意識が足りない考えです。

もしかしたら今までで一番のショットが出る可能性だってあります。
先にプレーされている方が、過去の飛距離プラスアルファの範囲外に出るまで打ってはいけません。

ゴルフは紳士のスポーツとされていますので、この基本的なマナーが出来てない方は実力があってもプレーする資格はないと言えます。

しかし、初心者の方の場合は、隣接したホールに飛んで行くといった、意図したものではない打ち込みが起きる可能性は否定出来ません。
そのようなことが起こったら「フォア」と大声で叫んで下さい。

危険球が飛んでくる可能性があります、という警告の意味を持つので、大声でないと意味がありません。

親切なところだと、キャディさんが言ってくれる場合もあるでしょうが、セルフの時などは自分で言う必要がありますので、打った本人が率先して声を出しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ