弱いという意味を持つ、あまり良くないウィークグリップ

ウィークグリップのウィークとは、英語で弱いという意味を持っています。
ゴルフでグリップは重要なポイントの一つとなり、スクウェアグリップ、フックグリップ、そしてウィークの三種類に分けられており、ウィークはこの中で一番「弱い」とされているのです。
ゴルフで弱いとは、正面に向かって飛ばないこともあるでしょうが、それ以上に深刻なのが飛距離が出ないこととなります。

ウィークグリップは、スライスになりやすく、最も飛距離が出ないというのが一般的な認識です。
では、どのような状態が正しいと言えるのか、恐らく殆どの教科書には握った際の左手に、こぶしの山が2個半見えるようにすると書いてあるでしょう。

しかし、現実にはこの教科書通りに行っても、スライスの球ばっかり出てしまうという事態があり得ます。
これは当然の話と言えるでしょう。

何故なら手の形、指の長さなどは様々です。
教科書に載っているのは、多くの人に当てはまる「弱い」握り方です。

しかし当てはまらない場合も当然あるので、その場合は教科書通りにしているのに一向にスライスが直らないといったことも考えられます。

スライスになっていて、グリップやその他、スイングも悪くないと思っても弱い状態が直らない場合は、その人にとってのウィークグリップが他の人と違うという可能性がありますので、一度他の握り方で打ってみて確かめてみることをオススメします。

その人によって正しい握り方は異なっているので、色々試してみるのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ