ゴルフボールを打つ瞬間に重要となるインパクト

インパクトとは、球技で多く使われている言葉です。
ゴルフ以外でも、野球やテニスがこの言葉を使っているスポーツとして挙げられます。
そしてゴルフでも、重要な意味を持っているのです。
言葉の意味としては、衝撃となり、転じて球技で道具を使用する際にボールに当たることや、当たった瞬間のことを指します。

ゴルフでも同様の意味で使われていると思ってもらって良いです。
ゴルフボールがどのように飛ぶかは、条件により異なりますが、インパクトを良くすることが上達に繋がります。

方向や曲がり方などは、フォームやスイングに左右されることが多いですが、飛距離に関しては当たった瞬間にどれだけ力を加えられるかが最も大事なポイントです。

力の加え方と聞くと、腕力やスイングスピードを連想されるかもしれません。
勿論、それらも大事なのですが、まずやるべきことは体重を乗せることです。

しかし言葉で表すのは簡単ですが、実践するのは非常に難しい技術となります。
まず、体重を乗せることと、体を動かすことはイコールではありません。

つまり、体を揺らせばいいというものではないのです。
まずボール無しで素振りをしてみて下さい。

体重よりスイング自体を意識してみましょう。
体の中心線は、メトロノームの真ん中のように動かさない方が良いです。

手足に関しては動かしますが、クラブのスイングはメトロノームの振り子をイメージして下さい。
無駄に動かずに、かつ手打ちにならないよう当たる瞬間に意識を向けるという作業を繰り返して、ようやくいいショットが打てるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ