飛ばし屋には憧れの言葉、アウトドライブはスコアアップへの近道か?

アウトドライブとは、ティショットのときに、先に打った人の飛距離を越えて飛ばすことを言います。
オーバードライブとも言うことがありますが、こちらは和製英語で、正しくはアウトドライブです。
ゴルフにおいて飛距離は重要なものです。
だからこそ前に打った人の飛距離をターゲットとして飛ばすということは、プレーにおいて大きなアドバンテージになります。

ただし、飛距離だけでは勝つことはできません。
たしかに、重要な要素ではありますが、スコアをまとめるためには、距離ではなく方向性が最も大事になってきます。

常に狙った場所に落とせるような方向性が重要です。
ただし、これはある程度の飛距離があることが前提となっています。

アウトドライブをすることは、相手に対して大きなプレッシャーを与えることは間違いありません。
ただ、それが狙いではなく、とんでもない場所に行ってしまったのならば、対して影響を与えることもありません。

前の人を目標として、それを越えて打とうという意気込みは、多くのプレーヤーが持っているものですが、あまり距離ばかりを意識してしまうと、方向性の問題でスコアを落としてしまうかもしれません。

その点でも無理に距離ばかりを意識しない方が良いでしょう。

一般的には、テレビなどで中継を見ているときに、解説者などがこの用語を使うことがありますので、そのときに意味が分かれば良いというくらいで、実際のプレーでは狙ってしていくというものではないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ