名ゴルファーの名前が付けられた日本初のファミリーブランド、アーノルドパーマー

アーノルドパーマーはファッションに敏感な人なら、よく知っている名前であり、ゴルファーにも知られた名前になっています。
なぜならアーノルドパーマーは、往年の有名プロゴルファーの名前だからです。
しかし、勘違いしている人が多いかもしれませんが、彼が設立したブランドではありません。
レナウンの商品開発室が開発した国産のブランドで、彼の名前を冠してあるというだけです。

またCMにも本人が登場するなどして、その印象は深くなりました。
そのため多くの人が、彼が設立したブランドという印象を持つようになってしまったのです。

ブランドに名前を付けられた彼ですが、PGAツアー通算62勝は歴代5位という輝かしい成績を誇る名ゴルファーで、テレビ時代のゴルフ選手として、最初のスターとなります。

そして、傘のマークで親しまれるこのブランドは、日本で初とも言える、家族全員が着ることができるファミリーブランドとして人気になりました。

このため、ファッションとしては有名ですが、意外なことに、スポーツブランドではない上に、明確にゴルフアイテムを専門に作っているメーカーではありません。

ただし、まったく商品がないということではなく、シューズやグローブなどのゴルフ用品は販売しています。
有名ゴルファーの名前が使われていますが、全ての機能性が高いというわけではありません。

そのため、成績を気にしないカジュアルゴルファーや、ファッションに気を遣っている人が多く使っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ