持つことがステータスとも言える、世界的に有名な国産パターブランド、ヒロマツモト

ヒロマツモトは日本のパターメーカーです。
1967年に松本ゴルフ製作所として設立されて以来、大手メーカーのゴルフクラブを下請けで製造していました。
技術力を培い、1990年にオリジナルブランド、「ヒロマツモト」の製造開発に着手します。
そして、世界的に躍進するパターメーカーへと変貌をとげました。

そのパターを愛用するプロゴルファーには、青木功を始めとする、中島常幸や倉本昌弘など有名どころのプロも活用し、他には、尾崎直道、トム・ワトソン、加瀬秀樹、フレッド・カプルス、マスターズでも上位に食い込むアーニー・エルスなど、そうそうたるメンツが並び、このブランドの存在と優位性を証明しています。

また競ってプロが使っていることからアマチュアにも浸透して、一般ゴルファーからも憧れのブランドです。

その名前を決定的にしたのは、「日本初の本格的削り出しパター」のキャッチコピーの元に登場した、HM-01という商品です。
現在はホームページに商品ラインナップとして掲載されてはいませんが、製造はしていて、手に入れることはできます。

ただし、その価格は、25万円と高価なアイテムになっています。
また、ここのパターは全体的に価格が高く、ボリュームゾーンであっても、約5万円と言うプライスがついています。

しかし、それでも手に入れたいという人は多く、持っているだけでステータスが上がる、そんなアイテムとなっています。

また、バランス調整やグリップ交換、シャフト交換、ヘッド調整などのアフターサービスも行っており、メーカーとしてのきめ細かな対応が期待可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ