創業当初からパターに力をいれてきたメーカーのピン

ピン(PING)は、1959年に設立されたファミリー企業です。
創業者自身が、パッティングに苦しんだという思いが、このメーカーの製品に繁栄されています。
ボールを打ったときの「ピーン」という心地よい打球音がするよう、パターデザインを開発させたのが始まりです。
現在では、当メーカーはゴルフの世界での革新性を第一に、そして品質とサービスにこだわりを持っています。

当メーカーは、アリゾナ州に拠点を置くアメリカのプレミアムゴルフ用品のブランドであり、ゴルフクラブメーカー全体においても最大級の規模を誇っています。

先述したとおり、創業当初からパターに力を入れており、パターの供給が増加していきます。
もちろん、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、ウェッジとパターなど、その他のクラブについても、その経験が生かされています。

メーカーのクラブとして、NOMEを見て行きましょう。
こちらは、6061アルミ合金に加え、タングステンの採用によって、高い慣性モーメンントを実現し、安定感抜群のクラブとなっています。

心地良い打感と打球音を実現したクラブです。
白く長いサイトラインによって方向性が抜群に安定し、ボールを確実にカップへと導きます。

長さ調整機能付きのこのパターは、メーカーが長年培ってきたフィッティングノウハウを駆使しており、シャフト長を最適な長さに調整・ストロークすることができ、最適なセットアップが可能になっています。

パターと言えばこのメーカーを覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ