最新テクノロジーを重視したカタナの商品紹介

カタナゴルフは90年台末に設立した、豊島区に本拠地を置くゴルフメーカーです。
当メーカーについて、その最新のテクノロジーについてまず見て行きましょう。
まずひとつは、プログレウェイトヘッドとなります。
こちらは、ヘッドの重量について、インパクトの衝撃に耐えられる限界まで薄く軽量化をし、そのことで反発性能を最大化しています。

イメージとしては、全体がたわんでボールを飛ばすというものです。
また、ウェイトの位置からフェースに向かって、独自の溝状に成形されたソールをもっています。

絶妙のウェイト重量配分をもっています。
インパクトの瞬間に、このヘッドの反発とウェイトの重量衝撃が組み合わさり、衝撃力は最大化されます。

そして、溝状の部分で力は増幅され、パワーロスが少ないままボールに力が伝わり、高弾道で弾き飛ばします。
加えて、スピン量を従来のものとくらべて大幅に低減しています。

特にこのテクノロジー時は、当メーカーのVOLTIOというブランドに生かされています。
VOLTIOというクラブについて見ていくと、やはり最大の特徴は、耐久性のぎりぎりのところまでフェースを薄くしたという点です。

加えて、スピン量を低減し、打ち出し角度を大きくすることで、打球が簡単に上がるように設計されています。
ヘッドとシャフトの相性も抜群で、とくにシャフトはしなりと戻りが強いです。

このために、ゴルファーに必要とされるいわゆる「タメ」の動作が、シャフト自身が行ってくれるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ