歴史ある有名メーカーのウィルソンの特徴について

ゴルフメーカーのウィルソンは、総合スポーツメーカーとしてその名を知られています。
企業としてはウイルソン・スポーティング・グッズ・カンパニーという名称をもっており、アメリカ合衆国のスポーツ用品製造企業となっています。
イリノイ州のシカゴに本社を置いており、その歴史は「アッシュランド・マニファクチャリング・カンパニー」という精肉業となっています。

その後、精肉の際に余る皮やスジを再利用する形で、スポーツ用品の製造を始めました。
日本においては、アメアスポーツジャパン株式会社が代理店としての役割をもっており、輸入やライセンス管理を行っています。

ゴルフについては2008年より、キャスコ株式会社がライセンスを取得して、その事業を引き継いでいます。
ゴルフ用品の歴史について見ていくと、ウイルソンは1914年にゴルフ用品の製造を開始しています。

そして、1922年には、スポーツの世界で初めてのアドバイザリースタッフ契約を選手と結びます。
契約選手が数々のメジャータイトルを取得したことにより、その名は広く知られることとなりました。

他にもエピソードとしては、あのサンドウェッジはウイルソンがサラゼンと協力して開発したものとなっています。
このように、ゴルフの発展の歴史についても寄与している、非常に歴史の深いメーカーとなっています。

その後、アーノルド・パーマーをはじめとして、著名な選手とも契約を結んでいきます。
ゴルフにおいては、ウイルソン・スタッフブランドも使用しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ