飛距離を伸ばすため、重心深度を深くした方が良い理由とは

重心深度はクラブヘッドの重心の深さです。
当然ですが、クラブヘッドの重心はフェースにはなく、内部にあります。
フェースからそこまでの距離が重心深度になります。
これが深いことによりさまざまなメリットがあります。

まずヘッド自体の左右慣性モーメントが高くなるので、スイートスポットを外してヒットしたとしても、あたりが良くなります。
つまりミスショットが減ります。

また捕まりが良くなることも特徴で、弾道自体も高くなります。
飛距離が必要なドライバーは深い方が最適ですが、デメリットもあります。

それはフェースの重心が高くなってしまうことで、つまり低い位置で当ててしまうと、上手くボールを捉えることができません。
最近はヘッドが大容量化していますので、この重心を深くするということに主眼を置いて作られています。

また、それだけに反発力も強くなり、インパクトのときの衝撃が上がります。

またデメリットを抑えるために、素材にも工夫がされていて、重心を深くしたとしても、フェース状はあまり高くならないような工夫もされていますし、高くなると言っても、わずかなことなので、深いからと言って意識しすぎてスイングを崩すほどのこともありません。

ただしフェアウェイウッドのように、浅い方が良いものもあります。

フェアウェイウッドが低くなりすぎるとスライスの傾向が出てしまうので、用途に合わせて選ぶようにしてください。
もちろん、深くても、それなりに使えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ