ウッドとアイアンの中間、ユーティリティー

ユーティリティーは2000年頃から出回り始めた、アイアンとフェアウェイウッドの中間あたりのクラブです。
この登場により、フェアウェイウッドが苦手であった人や、ロングアイアンが扱いにくい人の救世主となりました。
そのためにクラブセットの新しい選択肢として注目をされて、多くのゴルファーに取り入れられるようになっていきます。

当初はたらこアイアン型のクラブがそう呼ばれていましたが、現在ではアイアンとウッドの中間のカタチが呼ばれるようになっていきます。
しかしどちらも、今ではユーティリティー、またはハイブリッドとして認識されています。

プロゴルファーであってもこの手のクラブはよく使用していて、ロングアイアンやフェアウェイウッドを抜いて、取り入れていますから、クラブセットの選択肢を増やすためにはもってこいのアイテムです。

3Wやロングアイアンの代わりに使われることが多いのですが、中には6I相当のクラブであっても代わりにすることができます。

その特徴は、打ちやすさにあります。
なぜそうなるかと言うと、シャフトの長さがまず第一に上げられます。
ウッドよりも短くなっていますから、ミスショットが発生しにくくなっています。

さらに弾道も高く、意識しないでも球を上げることができます。
アイアンよりも打ちやすくて飛距離も保てる、これが一番好まれる利点です。

ウッドとアイアン、その中間としてのクラブですので、どちらを選ぶか迷ったときには間違いなく、このクラブの出番となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ