現在主流のマレットタイプのパタ―は、直進性に優れる

マレットタイプはパターの種類の一つです。
その形状から、かまぼこ型とも言われています。
本当に、シャフトの先に板の方を打面として向けて、かまぼこが取り付けられているようなカタチをしています。

このマレットタイプのメリットとしては、当然後ろに膨らんでいるので、重心が後方にあるということです。
それによってストロークからインパクトまでを安定した重心で行うことができ、ぶれがないためを打つことができます。

より直線的な動きを求める人には、このタイプがぴったりでしょう。
ただし、これはフェースを調整しにくいという欠点もあります。

重心も深くさらにはヘッドも重いので、繊細にフェースの方向でカップを狙っていくようなパッティングには不向きです。

こういった人の要望を叶えるために、今はL字のタイプも存在します。
これならばフェースの開閉がしやすくなります。

しかし、この双方の利点を生かしたタイプですが、それぞれがある程度のレベルまでしか機能せずに、直進性やフェースの操作も程々だと思ってしまうかもしれません。

自分のパッティングスタイルに合っていれば、またとないものになりますが、そう出なければ非常に中途半端な使いにくいクラブになります。

また、このマレットタイプは今や主流となっていて、プロゴルファーも愛用しています。
芯を外しても距離が伸びることから、中には、芯をわざと外しているプロもいるくらいです。

活用の幅は、かなり広く、誰にでも使いやすいパターと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ