いろいろな方法でボール初速をあげれば、飛距離が伸びる

ボール初速は飛距離に大きく影響してきます。
主に、飛距離を左右するのはこれと、打ち出した球の高さ、スピンの量になります。
そして、ボール初速が速ければ速いほど飛距離は伸びることになります。
これをあげるために大事なのは、スイングスピードです。

インパクトに与える力が強ければ強いほど、ボールはそれだけ打ち出される力が強くなり、速く飛ぶようになります。

もちろんそれは単にスイングのときの力というだけではなく、インパクトのときにシャフトやヘッドのしなりを反発力として利用して当てる、タイミングも重要です。

これはその人のスイングスピードに合わせたクラブを選ばなければ実現できません。
クラブに合わせたとしても、それがマックスのスイングスピードでなければ、本来の飛距離から落ちてしまいます。

今や技術の進歩で、ボールによっても初速を重視して作られたものが出てきています。
初速をあげるボールというものを使うことも、飛距離を伸ばすためには重要です。

また、ドライバーによっては、これを重視して作られているものもあるので、自分にあったものならば利用しない手はありません。

しかしクラブ性能とボール性能を利用したとしても、やはり自ずと限界はきてしまいます。
そこで大切になるのは基礎体力です。

ヘッドスピードをあげるということが、やはり初速をあげるための基本となります。
アイテムでカバーしたとしても、底上げをするには、最終的には力が必要となってくるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ