フックやスライスを生む、ウッドのフェース角

フェース角はゴルフクラブの中でも、ウッドに関してだけ使われる用語です。
フェース角の定義は、ヘッドを地面に置いたときに、シャフトと結ぶ線を基準として、クラブのフェースがどれだけの角度をもっているかということになります。
そして、それが左を向いているのならば、フックしやすくなり、右を向いていればスライスしやすくなります。

また正面を向いているものもあり、これは直進性が高く、スクエアフェースと言われています。
この数値は数字で表されて、「+1」や「-1」と表示されていて、プラスならばフックのことを意味していて、マイナスならば、スライスです。

そしてスクエアのときは、「0」や「プラスマイナス0」と表示されていますのでウッド選びの参考になります。
また2度以上のものはかなり扱いにくくなってしまいます。

昔のウッドは球の捕まりやすさを補うために、フック傾向にしていたのですが、最近は技術の進歩とともに、それほど捕まりにくいこともなくなり、逆にフックを嫌う傾向も出てきたのでスクエアが一般的になっています。

ただし、ウッドでどうしてもボールが曲がってしまう傾向がある人は、邪道ですが、こういったもので無理矢理矯正させるという手段もあります。

基本的にはスクエアを使って、自分で方向を調整して打ち分けることができるということが一番です。

また、0に近ければ近いほど、ヘッドスピードがあるハードヒッターに向いているとも言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ