グリーンオンしたら最初にするエチケット、グリーンフォーク

セカンドショットを打ったときに、それがグリーンへ落ちるベストな打球だからといって、浮かれていてはいけません。
まずはその前に、そのボールがグリーンに落ちてしまったためにできた、ボールマークを修正することが必要です。
そしてそのボールマークを修正するときに使われるのがグリーンフォークで、これは常備しておかなければなりません。
持っていないようであれば、事前にゴルフ場に借りるなどしておかなければ、マナー違反になってしまいます。

もちろんどうしてもないときは、ティで代用するということもできますが、それ専門のアイテムと比べたら、圧倒的に使い勝手が違いますし、芝も傷んでしまいやすいので、これは非常手段です。

その使い方は非常に重要で、逆にグリーンを傷めてしまっては意味がないので、正しい使い方を知っておきましょう。
正しい方向はボールマークのそばに突き刺して、引き寄せるように使うことです。

少ない回数で直すことがベストですが、無理に回数を少なくしようと深く刺すのはやめましょう。
グリーンを傷めないことが一番大切です。

また、引き寄せるということがコツで、反対方向に引っ張ってしまうと、芝を傷めてしまいます。

ボールマークの深さにプラスした深さを刺さなければならないので、時にはけっこうな深さになります。

「こんなに刺したら芝が傷んでしまうかも」と思うかもしれませんが、そのままにしておいたり、塞がっていない方がエチケットとしてはマナー違反ですから、きちんと直すようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ