インパクト時のフェースのねじれが生む、ギヤ効果

ギヤ効果は、ボールを飛ばすためには必要不可欠な知識で、インパクトのときにフェース面がよじれて、それがボールに伝わって回転が生まれることを意味しています。
特にクラブのセンター以外にヒットしたときには、この効果は大きくなります。
スイートスポットで当てたときにはそれほど影響しないのですが、それが外れてしまうほどに、影響が出てくるということです。

ですが、一般的にはど真ん中に当てるというのは至難の業ですから、このギヤ効果は、どんなショットにも大なり小なり関わってくることになります。

また、この効果は横方向に発生するものが多く、それが弾道にも影響してしまいます。
常に弾道が安定しないで右や左に曲がってしまうのならば、影響を受けているかもしれません。

ですから、あまりこれが現れないゴルフクラブを選ぶことが大切になってきます。
そのときの助けになるのが、ヘッドの慣性モーメントです。

ゴルフ雑誌などではよく見かける言葉ですし、ショップにもクラブに関して数値が説明されていることもありますから、フックやスライスに悩んでいる人は、ヘッドの慣性モーメントを手がかりにしてクラブを選んでみてください。

また近年のクラブでは、この効果を利用してスピンをかけやすくしたり、より飛ばすためのギミックとして用いているものもあります。

前回転でスピンがかかればそれだけ飛びますし、バックスピンであっても、ボールの回転ですから、この効果によって調整することもできます。
ただしその場合は、通常の扱いが難しいという欠点もあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ