初心者から上級者まで、幅広く使えるカーボンシャフト

アイアンを選ぶときに選ぶポイントとなるのは、シャフトをどうするかということでしょう。
アイアンの場合には、カーボンシャフトとスチールシャフトの2種類の製品が販売されているからです。
カーボンシャフトの特性は、軽くてしなりやすいということで、なんといっても重量が軽いので、非力なプレーヤーは間違いなくこちらを選択した方が良いでしょう。

ただし、上級者はスチールを使っているというデータもあり、ヘッドスピードの違いにより、好みが分かれるということがあるようです。

スピードが遅いプレーヤーは、その分正確なスイングから生まれる遠心力や、シャフトのしなりを利用しますから、材質が鉄だと固くてしならず、さらに重さもあることから思ったような成果が出せなくなります。

ですから、初心者はカーボンを選んだ方が無難なのですが、柔らかく良くしなるということは、それだけぶれが大きくなってしまいますから、どちらにも一長一短があります。

また、上達していくとスチール製のものが最終的には良くなる、という訳ではないようです。

やはり欠点はその重さで、体力の消耗により、スイングが崩れることがよくありますが、ヘッドスピードを上げるためには、己の筋力を上げるしか方法はなく、テクニックよりも筋力が必要となってくるのです。

飛距離をそこまで求めないアイアンだから、スチール製でも問題ない、と言うくらい距離が稼げる人であれば問題はないのですが、重要なのは、ラウンドを通して体力が持つかということになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ