適切な範囲内を選ぶことがコツとなる、オフセットのクラブ

オフセットはクラブに関する用語の一つで、クラブを構えた時に、フェースがシャフトから見て後ろにあった場合、このクラブをオフセットと呼びます。
また、それがどれだけ後方にあるかという度合いを言うこともあり、グースネックと呼ばれていますが、この二つは同じ意味です。
オフセットの利点ですが、クラブのヘッドが後方にあるということを意味しているので、それだけ重心が深くなります。

スイングすると、重心の深さがヘッドに集まるため芯を捉えやすくなり、ダウンスイングの遠心力も加速されることになるので、力が乗りやすいという利点もあるようです。

グースネックとも呼ばれていますが、これはグース(がちょう)の首のように、変形したカタチに見えることから、こう呼ばれています。

力が乗りやすく打ちやすいと言いましたが、これは適切なスイングをした時であって、インパクトのときにフェースが開いてしまうと、とんでもない方向へとボールは飛んでしまいます。

特に、グースネックのようなカタチだと、ヘッドに遠心力が乗りますから、その分、しなりの力が反映されて、フェースがあらぬ方向を向いてしまいやすくなります。

極度に後方にヘッドがあるものは、よほどスイングの正確性に自信がなければ、使用を控えた方がいいでしょう。
しかし、今の主流であることも実態で、現在販売されている物は、多くがこのタイプになっています。

まずは、試打をして、自分に合ったものを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ