ゴルフに欠かせない、飛距離を刻むためのアイアン

ゴルフクラブの種類のひとつであるアイアンは、クラブセットには欠かせない存在です。
かつては、クラブを当てるヘッドが鉄でできていたためにアイアンと呼ばれるようになりました。
昔は鉄製でしたが、今はそれ以外の素材も使われるようになっています。

また1番から9番まであり、それぞれ1番から、ドライビング・アイアン、ミッド・アイアン、ミッド・マッシー、マッシー・アイアン、マッシー、スペード・マッシー、マッシー・ニブリック、ピッチング・ニブリック、ニブリックと呼ばれます。

また番号がつかないもので、PWはピッチング・ウェッジがあります。
AWはアプローチ・ウェッジ、SWはサンド・ウェッジ、LWはロブ・ウェッジと呼ばれていて、これもアイアンに属することになります。

形状からも種類が2つに分かれていて、「マッスルバック」と「キャピティバック」に大別できます。
背面が平らかわずかな盛り上がりをもっているものが「マッスルバック」です。

逆に、フェイスの背面をがくり抜かれているも「キャピティバック」と言い、この効果で重心付近の重量を分散させています。

そして、このアイテムを選ぶときは、番手ごとに飛距離をきちんと刻めているかということが重要になります。
そのために、統一したメーカーで揃えることが理想です。

また、シャフトに関しては鉄だけではなく、さまざまな素材が使われるようになっていて、ヘッドもそうなのですが、更なる進化を遂げています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ