アイルランドのセント・アンドリュースと呼ばれているラーインチゴルフクラブ

アイルランドのミュンスター県、クレア郡で1892年より営業を行っているゴルフ場がラーインチゴルフクラブです。
ラヒンチ・ゴルフ・クラブと表記されることも多く、南東には海が広がっているリンクスコースとなっています。
ゴルフ誌が発表しているランキングの常連であり、世界のゴルフコースベスト100にもランクインしている、アイルランドを代表するゴルフ場の一つです。

2コース、計36ホールを所有しているのが特徴であり、開場直後に出来たのがオールドコースとなっています。
トム・モリス氏が設計を担当し、1927年にはアリスター・マッケンジー氏が、1999年にはマーティン・ホーツリー氏が改造を行いました。

グリーンから最も遠い、ブルーティーからの距離は6697ヤードと際立って長くはありません。
アイルランドのセント・アンドリュースと呼ばれており、リンクスコースの例に漏れず、深いバンカーとラフが特徴です。

木々は基本的に植えられておらず、ボールを曲げてOBを記録することも多いので、コントロールには注意する必要があります。

一方で、視界が閉ざされることはなく、グリーンの位置を見てから打ち出すことが出来るので、戦略を組み立てるのは容易です。

バンカーに捕まると脱出が困難なので、障害物をどれだけ避けられるかがポイントとなっています。

キャッスルコースは、ブルーティーからの距離が5620ヤードとさほど長くはありませんが、巨大な池が配置されているので、攻略は容易ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ