ダーバン・カントリー・クラブは南アフリカ共和国を代表するゴルフ場

1922年、南アフリカ共和国のダーバン市に開場したゴルフ場がダーバン・カントリー・クラブとなります。
南アフリカ共和国はゴルフ場が多いことで知られており、その中にありながら、世界のゴルフコースベスト100にランクインしたこともある国を代表するコースです。
南アフリカ共和国の中で最古の大会であり、サンシャインツアーとヨーロピアンツアーの共催である南アフリカオープンの舞台として20回以上使われています。

他に、2006年から2008年にかけては南アフリカ女子オープンが、2007年から2012年にかけてはサンコーストクラシックが、2011年よりヨーロピアンツアーのボルボゴルフ選手権が毎年行われている、トーナメントの開催実績が豊富なゴルフ場です。

ダーバン・カントリー・クラブは2コース、計36ホールを所有しており、開場時からあるコースはジョージ・ウォーターマン氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6157メートルです。

ヤードに換算すると、およそ6733ヤードとなり距離も十分にあり、フェアウェイは広めとなっています。

しかし、うねりが色濃く残されており、マウンドも多いので、フェアウェイをキープしている場合でもボールが曲がりやすいのが特徴です。
ビーチウッドコースはパーシーギルバート氏が設計を担当しており、チャンピオンティーからの距離が6016メートルです。

ヤードにするとおよそ6579ヤードであり、平均的な距離となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ