飛距離に定評のある女子プロゴルファー、山本知味

山本知味プロは得意クラブがドライバーだけあり、飛距離に定評のある選手です。
小学生の時からクラブを握り始め、高校時代から日本ジュニアゴルフ選手権競技に出場し、90年は15位、91年には6位タイの成績を収めています。
高校生で出場したアマチュアの大会では16位タイ、女子のオープン選手権では87位タイの成績です。

高校卒業後は専修大学へ進学し、大学時代は92年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技では92年に26位タイ、93年に79位、日本女子学生ゴルフ選手権競技では92年に7位、93年に16位の成績を収めています。

大学在学中の95年にプロテスト合格しました。

転向後は、コーチとして現在も師弟関係にある兄と組み、グリップの修正に取り組むなどアマチュア時代から得意クラブだったドライバーに磨きをかけ、アマチュア時代より飛距離を大幅にアップすることに成功しました。

戦績としては、97年に出場した日本女子オープンゴルフ選手権競技で55位、伊藤園レディスゴルフトーナメントで32位タイ、那須小川レディスプロゴルフトーナメントで40位タイの成績を収めました。

その後はなかなか予選通過できない時期がありましたが、2000年に復活し、同じ那須小川の大会で43位タイなどの成績を残し、2002年までトーナメントへの出場を果たしました。

プライベートでは2003年に結婚し、2児の母親でもある山本知味プロですが、これからも日本女子プロゴルフ界の発展に向け、大きく貢献してくれることが期待できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ