5万人以上指導の実績を持つ女子プロゴルファー三浦佳世子

コーチとして超一流である現役女子プロゴルファー・三浦佳世子氏は、「教える」を徹底して研究するプロコーチャーです。
ゴルフ指導者資格であるティーチングプロフェッショナルA級を習得している彼女は指導歴17年で、プロ活動の傍ら、延べ5万人以上の指導実績を誇り、スコアハンディが1桁台に留まるプレイヤーを表すシングルを数多く輩出してきました。

名実共に一流のコーチャーなのです。
アマチュアながら、著書『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法』が大ヒットした山口信吾氏を指導したのも三浦氏です。

山口氏によると三浦プロはとにかく、理論では無く、その人のやり方にあったスキルアップの方法を引き出してくれるという評価です。
プロからもらうヒントを理解してゆくうちに、スコアがムラなく安定して飛躍していくと言います。

三浦氏は、辿り着くゴールは同じでも、方法は千差万別であることを正確に理解しています。
加えてコミュニケーション力を駆使して、ブレずに相手の良さを引き出すことに努めます。

20歳でゴルフを始め、26歳でプロに転向した遅咲きの花で、OL経験もあったという彼女ならではの、相手の気持ちを徹底研究し、相手の想いに寄り添った姿勢といえるでしょう。

「教える為には、相手をよく知ることが大切。まずは相手のお話をきちんと聞くことを心がけています」ゴルフ以外の教育論にも通じそうな三浦佳世子氏のレッスン価値観・方法論は、分野問わずコーチ不足と言われる日本に一石を投じるものでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ