日蔭温子はティーチングプロフェッショナルA級を保持している

日蔭温子選手は、主な戦歴は日本国内ツアーでは18回ほど優勝しており、日本屈指の名プレーヤーだったことが分かります。
1975年に17期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとして活動をするようになりました。
1954年に岩手県で生まれ、岩手町立第一中学校を卒業しています。
17歳からゴルフをしており、21歳でプロデビューを果たすことになりました。

この時代に21歳でプロになる人はあまり多くはなく、当時は注目される若手選手でした。
所属はフリーで、現在契約している企業は、ボールがダンロップでウェアがオリジナルというどちらも有名メーカーです。

また、スポーツはバレーボールとスキーをしており、運動能力は元々高いほうでした。
また、現在はトーナメントに出場していることはなく、ティーチングプロフェッショナルA級の資格を有している関係で、指導する方に力を入れています。

対戦成績の中でも、1992年の日本女子オープンゴルフ選手権での優勝をはじめ、いすゞレディースカップトーナメントは、過去4回優勝しており相性が良いことでも知られているのと同時に、今までに無い、ピンチに本来の力を発揮する勝負強さを持った選手であり、現代の若い世代にとっての憧れの的のような存在でしょう。

現役を退いた後でも、積極的にゴルフとの関りを持ち続けるほどやはりこのスポーツを愛していることが理解できます。

生涯獲得賞金は3億円を超えており、当時の金額から考えればとんでもないほどの大金を持っていたことになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ