原田香里はフリーで頑張っているプロゴルファーである

原田香里選手は、1989年に59期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとしての道をスタートさせました。
1966年に山口県で生まれ、日本大学を卒業という経歴を持ち、11歳からゴルフを開始しており、23歳という若さでプロデビューを果たしたということで、実力がとてもあることがわかるでしょう。
所属はフリーであり、契約している企業は、ボールがタイトリストと呼ばれる有名メーカーです。

現在はトーナメントに出場することはなく、ゴルフの解説やレッスンなどをしています。

主な戦歴としては、1998年にリゾートトラスト、グローリクィーンズカップ、1997年には健勝苑レディス・道後、1996年にはヤクルトレディス、1993年にはJLPGA明治乳業カップ年度最優秀女子プロ決定戦、日本女子プロゴルフ選手権大会、1992年のミズノオープンレディスでそれぞれ優勝をしています。

優勝回数は7回を数える強いゴルファーとの認識を多くの人が持っているでしょう。
彼女は、とても長い間プロとして第一線で頑張ってきており、20年以上も続けています。

デビューした1989年から頭角を現し、デビュー年だというのに200万円を超えるほどの成果を出すことに成功しました。
ここからメディアや観客がすごい選手だと気付くのに時間はかかりませんでした。

2年後の1991年には賞金は1千万円を突破し、1996年には自己最高の2位をつける6000万円を超える賞金を獲得することになりました。

それだけ素晴らしい成績を出しているので、多くのファンを魅了させるスイング、安定感のあるゴルフを見せてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ