岩川幸子選手は1996年から2003年までツアープロだったゴルファー

フリーで活躍している女子プロゴルファーが、岩川幸子選手です。
1969年生まれ、大阪府出身であり過去には野球やバレーボールといったスポーツを経験しています。
大阪市立扇町高等学校卒業後の23歳からゴルフを始めており、後に立川登氏に師事することとなりました。

ゴルフを始めたのは遅めですが、1995年にはプロテストに合格し、直ぐに結果を出すと、1996年のダンロップツインレイクスレディスでレギュラーツアーデビューを果たします。

この大会では58位に入り賞金を稼ぐものの、二部のステップアップツアーでは賞金を獲得出来ていません。

1997年は二試合に出場するものの、獲得賞金はゼロで終わっており、1998年から1999年にかけてはステップアップツアー三試合に出場しましたが、賞金を獲得出来ませんでした。

2000年には多くのレギュラーツアーに出場するチャンスを掴むものの、結果は棄権と予選落ちのみで、この年も賞金ゼロで終わります。

2001年にはステップアップツアーのRNCレディースハリマカップで17位タイに入り、久しぶりに賞金を獲得しました。
2002年にはニチレイカップワールドレディスで54位に入り、久しぶりにレギュラーツアーで賞金を獲得しています。

2003年の三試合を最後に公式大会には出場しておらず、トーナメントプロとしては引退した形の選手です。

特定の団体には所属しておらずフリーですが、兵庫県小野市にある富士OGMゴルフクラブ小野コースで、レッスンを受けることが可能となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ