ミサワガーデンクラブは2006年に宇都宮ガーデンゴルフクラブと名前が変わった

栃木県塩谷郡高根沢町で1996年より営業を行っているゴルフ場が、ミサワガーデンクラブです。
2004年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、ジャパンゴルフプロジェクト傘下に入りました。
元々はメンバーシップ制のゴルフ場でしたが、会員に預託金を返還していることから、会員権を持ったメンバーのいないパブリック制に移行しています。

2006年には宇都宮ガーデンゴルフクラブと名前が変わっており、2009年には韓国系の企業に経営交代しました。
利用料金が安く、コストパフォーマンスの良いゴルフ場ですが、アフタヌーンプレー、薄暮プレーも用意されており、利用料金を抑えたい方向けでしょう。

アフタヌーンプレーは当日の予約が可能であり、18ホールを大きな休憩なしで回るスループレーにも対応しています。

宇都宮ガーデンゴルフクラブの18ホールは宮澤長平氏が設計を、浅見勝一氏が監修を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6801ヤードと長めです。

高低差は最大で15メートルとなっており、大きな打ち上げ、打ち下ろしはなく、フェアウェイの幅も十分にあります。

インターバルは短いので、ホールアウト後には直ぐに次のホールに向かうことが可能であり、テンポを重視するプレーヤーの方には打ってつけでしょう。

障害物を多く配置して難度を上げており、池は大きなものが複数あるので注意してください。
バンカーの数も多いので、障害物を避ける技術が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ