モンスターティーからの距離は7503ヤードである、やまがたゴルフ倶楽部

1990年、岐阜県山県市に開場したゴルフ場がやまがたゴルフ倶楽部です。
「やまがたゴルフ倶楽部 美山コース」と表記されることもありますが、元々は岐阜美山カントリー倶楽部という名前でした。
2004年、市町村の合併に伴いゴルフ場の名称を変えており、経営交代や買収が原因ではありません。

ビジターの場合、平日かつセルフプレーであっても利用料金は1万円を超えますが、ハーフセルフならお手頃な価格で利用できます。
岐阜市の北に位置しており、西、北、東に雄大な山々を望むことができる眺望の良いゴルフ場です。

東海北陸自動車道の美濃インターチェンジからおよそ18kmの距離にあり、自動車を利用した場合はアクセスしやすいものの、電車を利用した場合は最寄り駅から自動車でおよそ50分と時間がかかります。

やまがたゴルフ倶楽部の18ホールは赤羽哲郎氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いモンスターティーからの距離は7503ヤードと国内を代表する長距離コースです。

しかし、モンスターティーはハンディキャップを始めとした様々な条件を満たさないと利用できません。

レギュラーティーを使用した場合でも6710ヤードと長く、打ち下ろしで始まるホールが多いものの高低差は少ないので、飛距離に自信を持っているプレーヤーには打ってつけです。

障害物の数は多く、バンカーはフェアウェイから登場するのでホールの前半で砂に捕まることも珍しくありません。

池越えスタートもありますから、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ