2005年にコスギ不動産に売却され、名前が変わった阿蘇ハイランドゴルフコース

1976年、熊本県阿蘇市に開場したゴルフ場が阿蘇ハイランドゴルフコースです。
株式会社大林組と株式会社丸増の関連会社が共同で運営を行っていましたが、2005年に地元企業であるコスギ不動産株式会社に売却されており、時期は不明ですが「コスギリゾート 阿蘇ハイランドゴルフコース」と名前が変わっています。

売却される前も、売却後も会員権の存在しないパブリック制を採用しており、コースに出られるレベルのゴルファーなら気兼ねなく訪れることが可能です。
利用料金は安めに設定されており、土日祝でも1万円を超えることはないので、コストパフォーマンスの面で優れています。

ゴルフ場から3分程度のところに宿泊施設、コスギリゾート・ロッジを備えており、宿泊とラウンドがセットになったゴルフパックを利用すればお得に利用できるでしょう。

「コスギリゾート 阿蘇ハイランドゴルフコース」の18ホールは増本正氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6624ヤードと平均的な数字となっています。

アウトコースはさほど長くはありませんが、インコースは3403ヤードと長く、攻め方を変える必要があるでしょう。

真っ直ぐ作られているアウトに対し、インコースは途中で角度を変えることが多く、変化に富んだ構成です。

池は計2個と非常に少なく、ティーショットが落ちそうな地点に障害物が配置されていることは殆どありません。
グリーンを守るガードバンカーをどう避けるかがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ