花咲カントリー倶楽部はアメリカンスタイルのセルフプレーを取り入れている

山梨県大月市で2000年より営業を行っているゴルフ場が花咲カントリー倶楽部です。
乗用カートを使ったセルフプレー限定で営業を行っており、シーズンを問わず利用料金が変わらないのが特徴となっています。
ラウンド、バッグの持ち運びから移動まで全て利用者がこなすアメリカンスタイルのセルフプレーを取り入れており、コースに出たら全ての作業をプレーヤーがこなさないといけません。

クラブハウスの施設も最小限に留められていますが、プレーに集中することが出来るので練習には打ってつけのゴルフ場です。
メンバーシップ制を採用して営業を行っていますが、ビジターのみでも利用することが出来ます。

花咲カントリー倶楽部の18ホールは、バックティーからの距離が6823ヤードと長く、高低差は殆どありません。

7番ホールはややアップダウンがありますが、他のホールはフラットなので距離感に悩まされることは少なく、ティーグラウンドからの見通しも良好です。

クラブハウスから多くのホールの作りを見ることが可能であり、ティーグラウンドからグリーンを視認出来るホールが殆どなので、ティーショットの方向性で困ることは殆どありません。

全体的に真っ直ぐレイアウトされているので、ティーショットから攻めていくことも可能であり、飛距離に自信があるプレーヤーの方に向いています。

池はコースに2個だけと少ないのでプレーに絡んでくることはあまりなく、バンカーも殆ど配置されていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ