紀の国カントリー倶楽部は27ホールを持ち、盆地に作られている

和歌山県紀の川市で1973年より営業を行っているゴルフ場が紀の国カントリー倶楽部です。
ラウンドスタイルは基本的にセルフプレーのみですが、希望すればキャディ付きでのプレーも出来ます。
時間帯、曜日によっては18ホールを通して回るスループレーも可能であり、幅広いスタイルに対応したゴルフ場です。

阪和自動車道の和歌山インターチェンジからおよそ21kmの距離にあり、自動車を利用出来る場合のアクセスは容易となっています。
ビジターが利用する場合、平日は会員の紹介が必要であり、土日祝は会員の同伴が必要と利用条件は厳しめです。

またゴルフ場予約サイトを通して予約を取ることも出来ないので、会員の知り合いがいない場合の利用は困難となっています。
紀の国カントリー倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、文澤昌相氏が設計を担当しました。

山に囲まれていますが、盆地に作られているので高低差は少なく、打ち上げと打ち下ろしはあまりありません。

東コースを除けば距離はやや短めであり、見通しが良い場所に落とさないと二打目以降が苦しくなるので、飛距離よりコントロール技術が問われます。

いずれのコースでも池越えスタートがあるのが特徴であり、更にコースによっては谷越えスタートのホールもあるので、ティーショットの難度が高めです。

ティーグラウンド付近に池が多く配置されていますが、グリーン近くやフェアウェイの中央に配置されていることもあり、池には注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ