9ホール体制で営業を行っている宮島カンツリー倶楽部

1962年、広島県広島市に開場したゴルフ場が宮島カンツリー倶楽部です。
広島県内で6番目に作られた歴史あるゴルフ場であり、会員の紹介がないと利用することは出来ません。
全9ホール体制で営業を行っており、二度回ることで18ホールのプレーを行うことが可能となっています。

アウトコースとインコースでティーとグリーンを変える方式を採用しており、利用料金は抑えられているので、メンバーの方や、紹介を受けたビジターの方はお得に利用することが可能です。

コストパフォーマンスが優れている上に、広島市の中心部から近いという特徴を持っているので訪れやすく、且つ市街地や日本三景に数えられている宮島を望むことも可能な景観の良さが魅力となっています。

宮島カンツリー倶楽部の9ホールは三好徳行氏が設計を担当しており、バックティー、且つ距離が長いアウトコースの距離は2836ヤードです。
山岳地帯に位置しているのでアップダウンはあるものの、インターバルは短く、テンポよく回ることが出来ます。

フェアウェイは大きく角度を変えることこそないものの、あまり広くはないので、フェアウェイをキープするという基本をどれだけ守れるかがポイントです。

一般的な9ホールと比べてロングホールが少ないので、パーは35に設定されており、飛距離よりも正確性が求められます。
池はコース内に1個だけと少なめですが、バンカーは平均的な数が配置されているので、砂に対して警戒が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ