長崎県内で3番目に作られた佐世保カントリー倶楽部

佐世保カントリー倶楽部は長崎県佐世保市で1957年より営業を行っているゴルフ場です。
「佐世保カントリー倶楽部 石盛岳ゴルフコース」と表記されることもあり、長崎県内で3番目に作られています。
長崎県内で屈指の歴史を持つ名門ゴルフ場ですが、ビジターの方でも問題なく利用することが可能です。

石盛岳の標高400メートル付近に位置している佐世保カントリー倶楽部の18ホールは上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6783ヤードと距離も十分にあります。

山岳地帯に展開されており、高低差を少なく造成する方向性を採らず、高低差を活かすという方向性で作られたコースです。
その為、打ち上げと打ち下ろしの形になることが非常に多く、高低差に対してどう対処するかがスコアメイクの上で重要となります。

アウトコースは概ね真っ直ぐ作られており、インコースは途中で角度を変えるドッグレッグがやや多めです。

緩やかに右に曲がりティーグラウンドからグリーンを確認しづらい13番ミドル、距離が最も長く角度も変わる18番ロングホールはスコアを崩すことも珍しくありません。

グリーン周りのガードバンカーを除けばバンカーの数は少なく、砂につかまることは少なめとなっています。

しかしバンカーは全体的に深いので、打ち込んでしまった際は脱出に苦労する可能性が高めです。
池はアウトコースで大きめのものが配置されており、2番ショート、3番ロングホールではボールが右に曲がると池に落ちてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ