杉原輝雄氏が監修を行っており、氏の記念館がある新宝塚カントリークラブ

新宝塚カントリークラブは、兵庫県宝塚市で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
町田義雄氏が18ホールの設計を担当していますが、後にプロゴルファーの杉原輝雄氏監修の下で一部改修が行われました。
その縁もあってか、杉原輝雄氏が亡くなってから杉原輝雄メモリアル館をオープンさせており、氏にまつわる品が展示されています。

18ホールのバックティーからの距離は6860ヤードと距離も十分にあり、アウトコースとインコースで特徴が大きく異なっているのが特徴です。
アウトコースは全体的に真っ直ぐに作られており、途中で角度の変わるドッグレッグはありません。

丘陵地帯特有の傾斜や高低差といった特徴はあまりなく、木々が多いこともあって林間コースのような感覚で打つことが可能です。

インコースは丘陵地帯を活かした構成であり、アンジュレーションと呼ばれている傾斜が全体的にあるので、コントロールに気をつける必要があります。
ドッグレッグに加え谷越えもあるので、安定した状態から打てるティーショットでボールをどこに落とすかが重要です。

グリーン周りにはガードバンカーが配置されていますが、フェアウェイからバンカーが登場することは少なく、砂に打ち込むことはあまりありません。
池も個数は少なめですが、ボールが飛んでいきやすい箇所に配置されております。

フェアウェイの中央に池が配置されている2番ミドル、池越えスタートの8番ミドル、グリーンの手前に池が配置されている9番ショートホールは、特にボールを池に落としやすい構成です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ