赤坂レイクサイドカントリークラブは日本庭園を意識した作りとなっている

岡山県赤磐市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、赤坂レイクサイドカントリークラブです。
バンカーを始めとした芝のコンディションは良好であり、プレーヤーが気持ち良く打てるように配慮がされています。
三好徳行氏設計による18ホールは、日本庭園を意識した作りであり、コース内に多くある池が日本庭園の雰囲気を作り出しているので、和のテイストの中でプレーが可能です。

丘陵地帯に作られた18ホールのバックティーからの距離は6449ヤードであり、長くはないので飛距離を重視する意味はあまりありません。

木々が多く植えられており、各ホールは仕切られているのでOBを記録することは少なめですが、木々が多い影響で少しフェアウェイが狭めに見えることもあります。

日本庭園の雰囲気を出す為に使われている池は非常に多く配置されており、このコースでは池を避けることが重要です。

池が配置されているホールは半数近くに上り、3番ミドル、10番ショート、14番ロングの参加書は池越えとなっています。
特に10番ショートホールは面積の大半が池である名物ホールです。

他の池も大きめであり、ボールが飛びやすい位置に配置されているので、ミスショットが命取りとなりかねません。

バンカーも少なくはなく、7番ミドル、8番ミドルホールではフェアウェイからバンカーが多数登場します。

グリーンは大きめでボールを乗せやすく、丘陵地帯に位置しているものの傾斜は少なめなので、パッティングの難度は低めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ