大分竹中カントリークラブはバンカーが深く難易度が高め

大分竹中カントリークラブは1975年より大分県大分市で営業を行っているゴルフ場です。
元からあった自然を活かして作っているのが特徴で、三好徳行氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られており、高低差や傾斜を無くす作業は行われていません。
その為、高低差と傾斜が色濃く残ったコースに仕上がっています。

18ホールをバックティーから打った場合の距離は6570ヤードであり、やや短く、木々が多く残っており、各ホールは仕切られています。
フェアウェイは広く、ラフは狭めですが、傾斜が多くあるのでフェアウェイでも油断は出来ません。

ラフに打ち込んだ場合は更に傾斜の影響を受けやすいので注意が必要です。
安定した体勢で打てるティーショットをどこに落とすかでスコアが大きく変わる作りとなっています。

障害物が多く、池は三か所と数こそ少なめですが、どれも大きめとなっています。
4番、5番、14番ホール全てが池越えであり、特に5番ミドルホールは池が大きめです。

そして、バンカーも多く配置されている上に、一個一個の面積が大きめです。
更にこのコースのバンカーは深く作られているという特徴があるので、打ち込んだ場合には脱出が困難となっています。

9番、11番、14番、15番ホールはバンカーの数が多い難所でしょう。
利用料金は安めに設定されており、休日であってもセルフプレーなら1万円前後で利用可能となっています。

グリーンのコンディションは年間を通して良い状態です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ