大分東急ゴルフクラブは東急グループが所有しているゴルフ場

1975年、大分県大分市に開場したゴルフ場、大分東急ゴルフクラブはゴルフ場の名前にもなっている通り、東急グループに属している東急ゴルフリゾートが所有しています。
自然が多く残っているのが特徴であり、木々を始めとして土地に残された自然を最大限に活かしたこのコースは、宮澤長平氏が18ホールの設計を担当しました。

丘陵地帯に作られていますが、高低差はあまりありません。

バックティーからの距離は6818ヤードとなっており長めですが、ホールアウトした後、すぐに次のホールでプレーが始められる、コース内に残された木々が各ホールを仕切っており他の組の状況があまり気にならない等、工夫されており快適にプレーすることが出来ます。

途中で角度が大きく変わるドッグレッグもありますが、全体的には真っ直ぐ作られており、フェアウェイは広く、ラフの範囲は狭めです。

このコースの難易度を上げているのは障害物の存在であり、特にバンカーは数が多く、また一個一個が大きめとなっています。
3番、8番、11番、14番ホールは特に大きめのバンカーがありますが、他にも終始バンカーがあり、全てを避けるのは困難です。

池も多めに配置されているもののフェアウェイからは外れた位置にあることが多く、プレーに影響を及ぼすものは少数ですが、8番ホールは池越えスタートであり、池も大きめとなっているので注意が必要となります。

利用料金は高くも安くもない平均的な数字ですが、グリーンを始めとしたコースのコンディションはシーズンを通して良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ